ネット販売の注意点【アマゾンもネット販売に参入したしね!!】

先日アマゾンがネット販売を始めるという記事を書きましたが,今回は,ネット販売を始める人や,ネット販売で中古車を購入しようとする人向けに,その際の注意点を書きたいと思います。

多くの問題の起点は、ネット販売の弱みである「実物を見られない」ことに起因する問題です。

ネット販売では,購入者から後々「色が違う,思っていたものと雰囲気が違う,臭いが臭い,傷が付いている等」のさまざまなクレームが考えられます。

では,どこまでが店側の責任なのでしょうか。

色が違うというのは,写真だと赤色だったけど,届いたものは青だったというレベルだったら,購入しようとしたものと異なる自動車であるため,契約を解除できますが(そんな場合はただの手配ミスでしょう。),色がもう少し薄いと思ったというクレームだったら,契約解除は難しいと思います。

写真で認知できる色は,車を撮ったときの天候や光の当たり具合,カメラの種類によっても違うので,購入しようとしたものと届いた自動車が異なるとはいえないからです。

臭い

次に,臭いの点ですが,これは写真からだと全く伝わりません。

ただ,車の臭いは中古車販売にとって,重要な点です。

特に喫煙車の臭いは,タバコを吸わない人にとっては不快な臭いとなり得るので,この点は販売店側で事前に明記する必要があるでしょう。

 

では,臭いについて何も記載がなかったのですが,いざ届いてみたら異様に臭いという場合,契約を解除できるでしょうか。

 

これは,正直,程度問題になると思います。契約を解除できる理由としては,「瑕疵担保責任」違反を主張することになります。

瑕疵担保責任とは,売買の対象物に隠れた瑕疵(=外部から容易に発見できない欠陥)がある場合、売主が買主に対してその責任を負うことをいいます(民法570条)。そして,購入した自動車の臭いが,欠陥といえるのかが問題となります。そして,その欠陥というのは,購入者個人が判断するものではなく,客観的に判断されます(つまり,その人が鼻がよくて耐えられない臭いだといくら言ってみても,一般人が問題ないレベルだったら瑕疵とは判断されません)自動車は独特の臭いがあるので,ある程度だったら許容範囲内として,契約解除できるのは少ないかも知れません。

ただ,ネット販売でも,事前に禁煙車と書いていたのに,実は喫煙車であったとか,説明内容に違反がある場合は,債務不履行や不実告知で契約解除できることになります。

傷,音等

他にも傷が付いていたとか,異音がするというクレームも,実物を確認していないネット販売なら増えてくることと思います。

 その場合も,基本的に考え方は,上で見たときと同じです。つまり,写真に載っていたのか,欠陥といえる程度のものか、説明内容に違反があるのか等から判断されることになります。

 

関連記事

自動車(中古車)販売特化型リーガルパートナー

運営者

ページ上部へ戻る